攻め時と守り時

 

人生、調子の良い時があれば、悪い時もある。

 

浮き沈みがある。

 

その周期と上手く付き合えるようになってきた気がする。

 

 

 

若い時は、悪い時にどうにか打破しようともがいて、極端な行動に出て、失敗するというパターンが多かった。

 

でも今は、悪い時は無理せず現状維持できるようにメンタルをコントロールできている。

 

 

これで良い時に前進できれば、上出来だ。

 

 

 

なぜこういうことができるようになったのか。

 

長期的な視点で物事を考えるようになったからだ。

 

長い目で見たら、目先の小さな利益なんてほとんど意味がない。

そして、これまで積み上げてきたものを失うリスクも冷静に考えられるようになった。

 

 

 

 

そして、投資とかポーカーとかの勝負事から、守りの大切さを学んだ。

 

楽しむなら、守りなんて考えずに、攻めることだけ考えるのが一番だ。

 

でも、勝つことを目的にするのであれば、守りが非常に大事だ。

 

 

 

タイト・アグレッシブ

 

 

 

王道であり、堅実なスタンス。

堅実に守って、攻め時は徹底的に攻める。

 

これが自分には合っている。

 

 

 

このところ飛躍するアイディアも固まらず、行動力も鈍り、エネルギーも落ちていた。

 

この数週間は特に、疲労と行き詰まり感で精神が随分やつれてしまっていた。

 

 

でも、サボっることにも飽きてきたし、また向上心とエネルギーが高まりつつある。

 

攻め時のサインだ。

 

 

 

 

ビジネスを始める良いタイミングだ。