方向性がブレている

 

最近、どうもブレている感が否めない。

ワクワクが全然無い。

 

それに、上手くいっているのに、変な不安に襲われる。何故か、将来が不安で仕方がない。

 

 

こんな事は人生で初めてかもしれない。

不安で不安でどうしようもない。

 

これまでは逆境の中でがむしゃらに頑張ってきたが、そこそこ快適な環境が手に入ったから、失うことを恐れているのか。

 

 

 

こうやって、人は守りに入り、つまらない人間になっていくのかもしれない。

身をもって実感できた。

 

 

 

 

でも、不安なんて感じたところで意味はない。心配したところで、未来は何も変わらない。

 

行動だけが未来を変える。

 

 

 

行動する必要がある。

それはわかっている。

その矛先がブレにブレている。

 

 

本音でやりたいこと。

本音で楽しいこと。

 

そういうものを軸にこれまで選択してきた。

そうだ、そういうことだ。

 

 

 

 

必要性の観点から行動したところで、気分がのってこないし、つまらない。

楽しいことが大事だ。

 

これまででなんとなくわかってきたのが、分析や数字と向き合うことが好きだ。

だから、メディアの仕事が楽しいし、データドリブンな考え方とマッチしている。

 

 

お金が貯まれば、投資にもトライしたい。

不動産投資もありかもしれない。

 

 

 

 

自分はそうなんだ。

数字と向き合っている時は、純粋に楽しい。

 

定量的に判断して、改善ポイントを見つけ出すプロセスは、性に合っているんだ。

 

 

反面、クリエイティブとか文章は苦痛に感じる。アフィリエイトなんてもっての他だ。

 

ただ、ワクワクする方向に向かっていけばよかったんだ。

 

 

 

まずはデジタルメディアの専門家としての地位を確立する。それだけでも学ぶことは山ほどある。

 

その上、バンドもやりたいし、株式投資もやりたいというのだから、大忙しだ。

まあ、そこはあくまでおまけ。

 

 

デジタルメディアプランナーとしての本業に集中しよう。

そのパフォーマンスを最大化するために、行動しよう。

 

 

その延長線上に何かが見えてきたら、また挑戦すればいい。

ビジネスモデルなんていうものは、ただの入れ物に過ぎなくて、中身が伴っていなければただの空き缶みたいなもんだ。

 

その中身が充実していれば、後から最適なビジネスモデルを当てはめればいいだけだ。

 

 

大事なのは中身。

そこの自信をつけたい。

 

 

資格、情報収集、現場経験。

あらゆる方向から、成長したい。