通過点

 

少し仕事が落ち着いてきた。

多分、このままやっていけば上手くやれると思う。

 

そんな中で、ふと考えたことがある。

もし年収1000万稼げるようになれば、選択肢は無限に広がる。

 

奨学金もすぐに返せるし、家だって東京に持つことができるだろう。

 

 

 

そうなった時に、どう生きるのか。

 

これまでは目先の苦労からなんとか逃れようと必死でもがいてきた。

そうこうしているうちに、気がつけば今に至っている感覚だ。

 

 

いうなれば、解決したい課題に事欠くことはなかった。

 

 

 

これまで苦労してきたことは、お金だ。

その一言に尽きる。

 

だからそこにこだわって、頑張っている。

 

 

ももし、それらが全て解決して、お金が余る状況になれば、一体何を目標に生きるのか。

 

 

 

東京にずっと住むのか。

今の仕事をずっと続けるのか。

今のパートナーとずっと暮らしていくのか。

 

それとも、趣味に生きるのか。

投資の世界を志すのか。

ビジネスの世界で切磋琢磨するのか。

 

 

 

 

まあ、その時はその時で考えればいい。

気楽にいけばいい。

 

 

 

まだ何一つ手に入った訳ではない。

でも、少しずつ理想に近づいているのは確かだ。

 

もしお金の呪縛から逃れられたとしても、自分は自分だ。何も変わらない。

 

これまでと同じ。ジャンプする必要はない。

最高の状態に向かって、一つずつステップアップしていく。

 

 

そのステップアップの指標が年収じゃなくなるだけの話だ。

 

向かう方向や解決すべき課題が変わったところで、本質は何も変わらない。

 

 

 

 

成功が近づくにつれて、成功するのが怖くなる。

 

今までも何度か味わった感覚だ。

失敗するよりもはるかに怖い。

 

でも、本質は同じだと気付いて、少し軽減される気がする。

 

 

 

そうだ、一つ思い出したことがある。

 

年収3000万を超えたあたりで、お金のことが完全に意識から消えるらしい。

 

これは目指してもいいかもしれない。

 

 

 

そう思えば、今自分が抱えている悩みなんて本当に小さな事なのかもしれない。

 

そのスケールで考えた時に、まだまだやれる事はいくらでもある。

 

 

 

一つずつ、欲に駆られる事なく、自分を見失うことなく、成長していきたい。