もし、お金が無限にあれば、何をするか

 

午前4:30。

眠れないので本を読んでいたら、こういう文書があった。

 

もし、お金が無限にあれば、何をするか?

 

 

真剣に考えれば考えるほど、難しい。

 

まず、間違いなく今の仕事は辞める。

数年間は仕事は絶対にしないだろう。

 

次に、物欲を全部満たす。

引っ越す。クルマを買う。服を買う。家電を揃える。

 

で、好奇心を満たす。

漫画をよみふけったり、映画を観たり、ゲームしたり、旅行に行ったり。

 

多分、どこかで女性に走るに違いない。

プロを一通り楽しんで、素人にいって痛い目を見るか、そのうち飽きてやめるか、どっちかだろう。

 

 

 

お金で満たせるのってここらへんまでだと思う。

 

 

そのあとは、結局自分と向き合う時間が多くなると思う。

孤独感に苛まれてるかもしれないし、生きる意味を求めて社会貢献に走るか。

もしかしたら名誉が欲しくなって、何か始めるかもしれない。

 

いずれにせよ、沢山読書するんだと思う。

 

その先にどんな答えを見つけるのか。

見つからないままだらだら過ごすのか。

 

 

 

でも、現実世界はお金は有限。

例えどれだけお金があっても、お金のことを考えてるのかもしれない。

 

 

旅をしたくなるのかもしれない。

会社を作りたくなるかもしれない。

 

 

お金で解決できる欲を全部満た後、一体何がしたいのだろう。

 

この答えが未だに見つかっていないから、人生が安定しないのだろう。

 

 

これを探したい。

もしかしたら、日記を書こうと思ったのはこれを探すためだったのかもしれない。