読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一度避けた壁は、越えるまで何度でもやってくる

 

またやってきた、この場所。

 

開業。

 

freeeというクラウドの会計システムがある。

フリーランスでやるから、いずれ間違いなく導入するサービス。

 

 

あれは24の時か。

始めてリラクゼーションサロンを開業しようと奮闘していた。

 

あのときはまだfreeeがなくて、弥生会計を買ったっけ。

 

会社の申請書類を一式作って、役場に承認もらって。後は登記するだけだった。

 

そのタイミングで、起業の話を白紙に戻した。

共同経営者とやっていくことに対して、急激な不安に襲われた。今思い返せば、ただ自分に自信がなかっただけだ。

 

当時は色んなことが一気に押し寄せて、記憶が曖昧になっている。ただ、所々やけに生々しく鮮明に焼き付いている。

 

 

今思い返せば、起業を目指していたこの時が人生で一番輝いていた時期だったと思う。

 

もちろん儲けたいというエゴはあったが、周囲の幸せも真剣に考えていた。他者のことを自分ごと化していたように思う。

 

過去を美化しているだけかもしれないけど。

 

 

 

 

2度目のチャレンジは最悪だった。

焦りと不安と欲だけで、事業を始めた。

いや、始めようとした。

 

世の中には、稼ぎを最優先に考える人種が存在する。起業のダークサイドとでも言うべきポジションを取る連中だ。

 

ものすごく優秀で、勤勉で、行動力も凄まじい。そういう人間が本気で稼ぎに集中するとどうなるか。

 

倫理観、道徳観が著しく欠除する。

 

世間からズレた常識を共通言語にして、自分たちの価値観を構築する。

独特のファッションや話し言葉を共有する、ヤンキー達と同じ。

 

こういうコミュニティに憧れを抱いてしまった。心が弱っていたんだと思う。

 

 

でも結局やめてしまった。

自分はその場所では幸せになれないと感じたからだ。

 

行動しながらも常に違和感を感じていた。でも、その違和感から目を背けて、突き進んだ。そのモチベーションは、金。欲だった。

 

 

もちろん得た物も大きかった。

価値観は違うけど、彼らは非常に優秀で、勤勉だ。取り入れるべき要素もたくさんある。

 

ただ、結局は失敗に終わった。

 

 

 

 

 

今回が3度目。

今回はいい。3度目ともなると、冷静でいられる。変な興奮がない。

 

28になった今、少しは成長できたのだろうか。

 

地に足をつけて。でも、アグレッシブに。

 

 

1番大事なのは売上を作ること。

それを継続すること。

お客さんとの繋がりを1番大切にして、専門知識を活かしてメリットを提供すること。

 

会計とかは二の次だ。

今は節税なんてもってのほか。

 

それよりも、しっかりとメリットを提供できる知識とスキルを身に付けて、真摯に営業すること。

しっかりと実績を作ること。

そのための投資は惜しまなくていい。

時間もお金も。

 

そして、無理をしないこと。

生活に支障をきたすほどお金に困るような状態を作らないこと。

何もかも完璧にやろうとしてパンクしないこと。

 

一つずつ、確実に。

でもビジョンはしっかりと持って。

 

 

道は必ず開ける。

 

 

 

今やっている事は間違えていない。

あとはやりきる根気があれば大丈夫。

 

少しずつ種も蒔いている。

実らないものがほとんどだと思う。

 

 

でも、蒔き続ける。

 

 

種まきとサービス向上、人脈構築は常にやること。呼吸レベルでやること。

言い訳をしないこと。

 

 

目の前のことを一つずつ。

 

 

明日の予定予定

===

ELAN

===