読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たっくんのお金戦略

 

祝、初記事タイトル!

 

日付けをタイトルにするのもなんとも味気ないので、タイトルを付けてみた。

面倒になったらやめよ。

 

今日の出費は650円!

家計簿つけ始めて2日目、順調なり。

 

それにしても、お金なんて普段ほとんど使ってないと思ってたけど、2日で1000円以上使ったのか〜

 

1ヶ月たって、出費がどんな感じになるか楽しみである。節約できる余地がかなりありそうな予感。

 

 

 

 

今日は仕事がそこそこ暇だったので、稼ぎのネタを探していた。

 

ココナラとか、noteでコンテンツを販売できる事を知った。

 

物販系のアフィリエイトはどうも気乗りしない。やっぱり、どうせやるなら自分の商品を販売したい。

 

じゃあECはどうか?

売るものがない。商品から作るとなると大変だ。

 

じゃあ自分の場合、一体どんなサービスを活用して収益を上げればいいのか考えてみた。

 

1,業務委託募集サイト

2,クラウドソーシング

3,コンテンツ販売

4,広告収入

 

この4パターンが今考えれる手段だ。

それぞれのメリットとデメリットを考えたい。

 

1,業務委託募集サイト

これは転職活動とか営業に近い。1番ガチな選択肢だ。ここをメインにしたい。

メリットは、取引相手が企業なので、圧倒的に高い単価が見込める。

 

例えば広告運用は運用予算の20%が相場だが、その半分の10%で取ったとしても、100万の運用案件だと10万になる。

普通の個人の副業としては大きな額だ。

 

デメリットは、受注が難しいこと。普通にネット系代理店などの企業が競合になることを考えると、何かしらの強みがないとキツイ。

 

 

 

2,クラウドソーシング

クラウドワークスとかランサーズとか、数年前から存在感を増してきたサービス。なんというか、SNS的なノリで仕事が受注できちゃうシステム。

 

メリットは、気軽に始めれる、実績が積める、という感じか。魅力的なのが、実績がプロフィールに積み重なるので、徐々にレベルアップしていけるところ。

それなりの実績を重ねて、そのサービスの中という小さな世界で一番になっておくと、それなりの受注が見込めると思う。だから、できるだけ一つのサービスに注力するのが賢いと思う。

また、そのサービスでの実績を外の世界のアピール材料にもできるかと。

 

あと、金銭のやり取りをシステム的に仲介してくれるので、貰い損ねるリスクがない、契約書、請求書などの書類が不要になるのは、大きなメリットだ。

 

ただ、デメリットもこれまたでかい。

まず、単価が安い。企業がクラウドソーシングに発注する場合、安さが理由になっている場合がほとんどだ。美味しくない仕事がゴロゴロ転がっているイメージ。

 

さらに。運営側に20%くらいもってかれる笑

なかなかに厳しい。

 

 

 

 

3,コンテンツ販売

これもやりたい。ココナラとかnoteとか。これは2通りの使い方があって、クラウドソーシング的に案件受注に使うか、純粋にコンテンツを作って売るか。

後者に魅力がある。

 

メリットは、半自動で収益が生まれる仕組みを作れること。商品を作って販売しておいて、ブログとかのメディアに販売ページのリンクを貼っておく。極端な話、これだけで収益が生まれる可能性がある。

 

デメリットは、取引相手が個人なので、単価が安くなる。まあ、やり方によるかもしれないが。

 

そして、単価が安い割にハードルは高い。つまり、ビジネスとして非常に難易度が高い。

見ず知らずの人間が売っている、よくわからないコンテンツにお金を払うのは、抵抗がある人がほとんどだろう。

 

 

 

 

4,広告収入

アドセンスとかですね。

 

メリットは、コンテンツ販売と同じく、半自動的に収益を発生させれること。

 

デメリットは、ブログ作りが超大変なこと。SEOとかガチでやらないと、収益化不可能。

こんな日記とかだと論外ですね。

 

 

 

 

まとめてみて改めて思うのが、メディア持たないとキツイなと。今さらだけど。

 

アクセスが集まるメディアを持っていれば、1〜4のすべてで収益化出来る可能性が格段に高まる。

うまく全部がワークして、収益のポートフォリオを組む事ができれば、リスクヘッジにもなり、独立も夢ではなくなる。

 

1,業務委託案件で10万、

2,クラウドソーシングで5万、

3,コンテンツ販売で3万、

4,広告収入で2万

これで20万達成である。

普通にやれそうな気がしてくるから不思議だ笑

 

 

ただ、メディアに実名で露出するのはどうも抵抗がある。明らかにその方が効率が良いが、生きづらくなっては本末転倒。それはやめよう。

 

となると、1,業務委託案件は、実名で別枠で活動する必要がある。

残る2〜4はニックネームで露出なしで実現できる。

 

優先順位として、まずは業務委託案件で月10万稼げるようになること。

 

そのために、

①業務委託募集サイトで応募する

クラウドソーシングで安価でいいから実績を積むこと。つまり、応募する

クラウドソーシングで信頼感を獲得するために資格を取ること&ブログで発信すること。

 

、、、ありゃ、いい感じに全部繋がった!

やっぱり書くと考えがまとまるなあ。

 

これを戦略にして頑張ろう。

ということで、今日も目標をメモメモ。

 

たっくんのお金戦略

===

▼目的

奨学金の繰上げ返済

 

▼目標

本業と別に月20万稼げる体制を、年内に構築する。

 

▼戦略

1,直案件、2,クラウドソーシング、3,コンテンツ販売、4,広告収入の4つのキャッシュポイントで、収益ポートフォリオを構築する。

 

▼アクション

①業務委託募集サイトに応募する(実名)

②実績を積むため、クラウドソーシングに応募する(ニックネーム)

③①と②を達成するために必要な信頼感を構築するために、資格取得&ブログ発信(ニックネーム)

===

 

たっくんの習慣

===

・日記

・家計簿

・明日やること

・週一運動

===

 

 

明日やること

===

日帰りバスツアー。家族サービス。

・友人結婚式のバンド練習

===

 

 

ああ、美しい。

目的からアクションまで一つの線で繋がったとき、とても気持ちがいい。やるべき事に自信が生まれる。ポジティブになれる。現在地を把握できる。良い循環が生まれる。

 

そんな気がする。

毎日書こ。