12月にやりたいことと辞めたいこと

 

目的

・いつまでも若々しく、物心共に豊かに生きる

 

やりたいこと

・毎日筋トレ

・タンパク質中心の食事

・日記つける

 

・転売の情報集める

・上質なノウハウ〜基本知識

経理始める

 

辞めたいこと

・たばこ

・バンド

習慣の大切さ

1年前に比べて、今かなり状態がよくなっている。

 

昔から飽き性で、その場凌ぎで乗り切ってきた感がずっとあった。

 

この一年で大きくかわったのは、積み重ねている実感があること。

 

 

 

信頼

・家族の信頼

・職場の信頼

 

習慣

・家計簿

・積立投資

・副業

・筋トレ

・食事

 

 

 

 

特に、家計簿でしっかり資金管理ができるようになったこと、副業で収入が増えたこと、投資の習慣を始めたことの3つが大きい。

 

今回新たに筋トレと食事を導入した。

これも同程度のインパクトがあると見込んでいる。

 

 

 

習慣の良いところは、負担に感じずに、勝手に改善されていくところだ。

 

必死になって改善するのは、ただただ大変だし、積み重ねがない。

 

良い習慣が良い人生を作る、というのは本当だと思う。

 

 

 

この上手くいっている流れを断ち切らないためにも、改めてしっかりと日々をこなしていきたい。

 

マクロ管理法

筋トレにハマっている。

 

ダンベルとベンチを購入して、トレーニングメニューを作って実践。

 

今回は続きそうな予感!

朝、仕事に行く前に早起きしてやるというのが、今回のユニークなポイント。

 

これは本当に気持ちがよくて、1日を快適に過ごせる。

朝一に大仕事を終えて、後は気楽に仕事をこなすイメージ。

 

 

 

そして、やっぱり根本的に肉体改造をするには食事を変える事が欠かせないと、何故か本能的に腑に落ちた。

 

 

マクロ管理法という手法を勉強して、取り入れることにした。

 

今の体型の基礎代謝から、摂取するカロリーと3大栄養のバランスをコントロールする方法だ。

 

とはいえガチガチにやるのも疲れて辞めてしまいそうなので、タンパク質の量を担保できるように食事を習慣化することから始めることにした。

 

 

炭水化物と脂質は意識しなくても普段の食事で足りていると思うが、タンパク質は全然足りていないから、意識的に摂る必要があるからだ。

 

日本人の食習慣はそういうバランスになってしまいがちらしい。

 

 

 

とりあえず、朝食をシーチキン乗せ卵かけご飯と納豆にして、おやつにサラダチキン を食べる。

 

そして、朝晩にプロテインで補完する。

 

 

 

これでタンパク質が110g程取れる。

 

今の体型から筋肉で増量するためには、130g程毎日タンパク質を摂ればいいので、およそかばーできるはずだ。

 

 

食習慣と筋トレを続けて、理想の体型、体力、精神力を身に付けたい。

 

いつまでも若々しく、可能性に満ち溢れた自分でいれるように。

 

筋トレは最高のソリューションになり得ると信じて、進むのみ。

 

 

攻め時と守り時

 

人生、調子の良い時があれば、悪い時もある。

 

浮き沈みがある。

 

その周期と上手く付き合えるようになってきた気がする。

 

 

 

若い時は、悪い時にどうにか打破しようともがいて、極端な行動に出て、失敗するというパターンが多かった。

 

でも今は、悪い時は無理せず現状維持できるようにメンタルをコントロールできている。

 

 

これで良い時に前進できれば、上出来だ。

 

 

 

なぜこういうことができるようになったのか。

 

長期的な視点で物事を考えるようになったからだ。

 

長い目で見たら、目先の小さな利益なんてほとんど意味がない。

そして、これまで積み上げてきたものを失うリスクも冷静に考えられるようになった。

 

 

 

 

そして、投資とかポーカーとかの勝負事から、守りの大切さを学んだ。

 

楽しむなら、守りなんて考えずに、攻めることだけ考えるのが一番だ。

 

でも、勝つことを目的にするのであれば、守りが非常に大事だ。

 

 

 

タイト・アグレッシブ

 

 

 

王道であり、堅実なスタンス。

堅実に守って、攻め時は徹底的に攻める。

 

これが自分には合っている。

 

 

 

このところ飛躍するアイディアも固まらず、行動力も鈍り、エネルギーも落ちていた。

 

この数週間は特に、疲労と行き詰まり感で精神が随分やつれてしまっていた。

 

 

でも、サボっることにも飽きてきたし、また向上心とエネルギーが高まりつつある。

 

攻め時のサインだ。

 

 

 

 

ビジネスを始める良いタイミングだ。

 

 

 

 

 

 

行き詰まり

 

経済的に自由になりたい。

 

そう思い続けるも、壁にぶち当たった。

 

 

 

年収をある程度増やすことはできた。

ただ、時間が常にない。

 

放っておいても収益が発生する仕組みを作れていないので、当たり前ではあるが。。。

 

 

ここからどう攻めていくか。

 

投資の選択肢はない。

ブログの線もない。

 

 

サイト型のアフィリエイトはどうだろうか。

これなら、ありえる気がしてきた。

 

キャリアハック系のメディアを作って、アフィリエイトでマネタイズする。

 

これなら、なんとかなりそうな気がする。

 

 

 

そもそも、アフィリエイトというビジネス自体には非常に魅力を感じている。

 

・資産になる

・リスクがない

・webの知識を活かせる

マーケティングの知識、フレームワークを活かせる

・キャリア経験を活かせる

 

 

 

大雑把な情報を断片的に記事にするのは、どうも向いていない。

 

一つのロジックを成立させて、長期にわたってフレームワークとして使えるような考え方を軸にしたい。

 

提案は得意だ。

 

 

 

何を売るかを決めて、そこに繋がるマーケティングを考えればいい。

非常にシンプル。

 

 

 

やってみよう。

 

効率化の限界と、楽しさの無限

 

労働集約型の仕事をしていると、いかに作業を効率化できるか、ということに意識が向いてしまいがちだ。

 

でも、本当にそれが正解なのだろうか?

 

 

もちろん、1時間で1つしか生産できていなかった物が、1時間で2つ生産できるようになることは、進歩である。

 

でも、そのひとつの側面からしか見ないのは危うさを秘めていると思う。

 

 

他の側面というのは、もちろん品質である。

 

品質を維持して生産量が上がってこそ、本当の意味での効率化だ。

 

 

もう一つ重要な側面がある。

 

それは、働く人間のモチベーションだ。

 

 

効率化を重要視した仕事はつまらない。

なぜなら、効率化の行き着く先は仕組み化であり、一度仕組み化された仕事は誰でもできる作業になる。

 

仕事にプライドを持てず、成長も感じられない仕事が楽しいはずがない。

 

仕事は本来、どうすればもっとお客さんに喜んでもらえるかを考えて、工夫することに価値がある。

 

そして、そのプロセスを経験することで成長する。

 

 

 

それは、楽しいことになり得る。

 

 

 

 

そして、楽しいことであれば何時間でも夢中になって続けられるし、努力した分感謝されるという正のスパイラルが生まれる。

 

このスパイラルが継続できれば、それだけで非常に幸せなことだと思う。

 

 

 

楽しくない仕事を効率化するよりも、楽しいしごとを長く続けることの方が成果につながる場合が多々ある。

 

もちろん、それを突き詰めた先に効率化は必要になる。

 

 

要はプライオリティの問題で、効率化が一番になってしまったら、上手くいかない。

 

仕事への愛情があり、もっともっとお客さんに喜んでもらえるようにするために、必要にかられて効率化する、という順番が正しい。

 

 

こういうことを意識して、今週も仕事に取り組みたい。

状況を整理するだけで、忙しさの8割は解消される

 

とてもとても忙しい。

こういうときこそ日記を書いて、思考を整理したい。

 

とても忙しいと感じる時というのは、大体業務が多すぎるのではなく、状況が整理されていないことがほとんどだ。

 

チームにおける自分の役割りはなんなのか。

役割の中で、どのレイヤーまでが自分に求められていることなのか。

自分のタスクのマイルストーンと優先順位は明確なのか。

やるべきことは具体的になっているか。

 

 

こういったことが整理されていない時に、心身ともに疲弊してしまう。

複雑に絡まった状況をどう解いていくかが大事な段階だ。

 

 

それにプラスして、プライベートでの心配事も、同じように整理したい。

 

PCの修理は終わったのか。

副業の進捗は順調か。

次の土日にやるべきことはなんなのか。

 

本業で疲弊して、人生が向上しないのでは全く意味がない。

プライベートの時間を使って、いかに向上させていくかが大切。

 

特に今、時間を切り売りするのはこれ以上は絶対に無理だ。

つまり、仕組み化するしかない。

 

今、自分がもっているアセットを最大限に活用して、自動で利益を作る仕組みをつくること。
それが大事。

 

 

こういう状況を、いかにクリエイティブに発想して解決できるか。

 

世の中には便利なツールも溢れかえっている。

そういう情報をキャッチできるか。

即座に活用できるか。

不要なものと必要なものを見分けられるか。

 

 

みんなはやらないかもしれないが、自分はやりたい。

 

投資家になるという夢を叶えるため、やるべきことは山ほど残っている。